忍者ブログ
揺らぐ一瞬が空に溶ける。 廻る世界で、日々、呼吸。
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

監督/滝田洋二郎




納棺師。

綺麗なお仕事だなぁって、そう思いました。

死する人を送る・・・。
なんて美しいんだろう。って。


やっぱ、
命を扱う作品は、観てて心に染みるものがあります。

ほんとに、涙なくしては観られない映画でした。

チェロの旋律にのせて、
物語が、優しく流れてく感じです。


私が一番よく通ってるこの映画館で
5月中旬に、また「おくりびと」を上映してくれるそうです。

観に行こうかなぁ・・・。
PR
監督/前田哲




名前をつけて、かわいがって育てたブタの“Pちゃん”。

卒業間近になって、食べるか食べないかで話し合いをする場面は圧巻でした。


最初は先生が「育てて食べる。そこから命を学ぶ。」
という目的の元、買い始めたブタ。

でも、育てているうちに情が移ってしまって、
「食べる。=殺す。そんなの可哀想。」っていう思いに変わっていく・・・。

子どもたちの、真剣な討論。

うそ偽りがない表情。


映画を観ながら、自分自身、
「命をもらって食べる。そして生きる。」ってことについて一緒に考えました。


普段食べているもの。

それってもとは生きて、呼吸していたものなんだなぁって考えると、なんともいえません。

でも、“可哀想だ。”とは・・・、たぶん、思っちゃいけないんだと思います。


むー・・・


命って、繋がってくんだなぁって、今日、映画を観て
しみじみ、思いました。
監督/佐藤祐市

(DVD)




なんだか、あったかくなる映画でした。

気分転換に観てよかった^^


人って、偶然に繋がってくし

そんな繋がりって、かけがえのないものなのかなぁ

って、思いました。


うん。

おもしろかった^^♪

ハラハラドキドキっ

素直に楽しめる映画でした^^


金城さんがかっこいいですw


はじめの方に、差別とか、ちょっと痛いシーンがあってつらかったけど
後からどんどん引き込まれます。

アクションが観てて楽しかったなぁ+°


うん♪

楽しかった^^w

監督/黒澤清




今年最後の映画となりました。

「トウキョウソナタ」。


不協和音、な、家庭の

再生の物語。


ラストのシーンで、じんわり泣けます。

家族のかかわり合いが綺麗な映画です。


香川さん、小泉さんがとってもリアルでした。

ピアノの旋律が美しいです。とっても。


寂しくて、寂しくなくて、

あったかくないのが、あったくなって。


ゆっくり壊れていったものが、ゆっくり、治る。その過程。


ひとつの家庭で家族の話。で、世界の話。




うん・・・。

いい映画。
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[10/17 so4ray]
[09/21 わびすけ]
[09/19 矢乃京子]
[09/19 矢乃京子]
[09/19 y-u]
プロフィール
HN:
空永えいな
年齢:
28
性別:
女性
誕生日:
1990/09/27
職業:
不登校短大生
趣味:
読書,映画鑑賞,お買い物
自己紹介:
砂糖症候群。

ちょっと歪んだ平和主義者。

大好きな人がいます。
大切な人が
たくさんいます。

みんなが幸せに、
笑っていられますように。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター


photo by RainDrop
忍者ブログ [PR]