忍者ブログ
揺らぐ一瞬が空に溶ける。 廻る世界で、日々、呼吸。
[62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

幸福は

誰かの犠牲の上に

成り立っているんでしょうか?




よろしければお答え下さい。
皆様の意見が聴きたいです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
私の考えは・・・。
私は、「犠牲」の上に「幸福」があると思います。


「犠牲」という「不幸」がこの世になかったとしたら、
きっと人は「幸福」を感じる事はないと思います。



人は、「不幸」がどこかにあるということを感じ、自分がその中にいないということで
「幸福」というものを感じるのだと、私は思います。

もし、「犠牲」がなかったとしたら、
きっと、すべてのことが「平和」で「幸福」になるでしょう。


しかし、そうしたらその中での「幸福」は、「幸福」としての形を、
もはやなさなくなると、思います。

「幸福」が「当たり前」では、「幸福」は「空気」とまったく同じようなものになって
しまうと思います。



なので、私は「犠牲」があるからこそ、その上に「幸福」があると、そう思います。


「・・・」


長文になってしまいました・・・。読みにくかったとしたら、本当にすみません!

それと、このブログへのリンクを張らせていただいてもよろしいでしょうか?


それでは、また!
緑葉 光 URL 2008/08/05(Tue)00:49:09 編集
Re:私の考えは・・・。
答えてくれてありがとうございます。
私の意味不明な質問に、
あんなに丁寧に答えてくださるなんて・・・。
感動です。

私も光さんと似たようなことを思います。
何事も、成り立つためには
それなりの代償が必要だと思うんです。

みんながみんな
「幸せだ」なんて言える社会は想像できません。
むしろ、ちょっと怖いです。

結局人間は
誰かより優位な位置に立つことで
自分を「幸福だ」と認められるのではないでしょうか?

・・・難しいですね。

【2008/08/05 09:56】
そもそも
幸福とは何ですかね?

何に幸せを感じるかで解釈の仕方は随分変わると思います。

自分に取って良いことが有るのが幸福とするならば、嫌な事があって初めて実感出来るでしょう。

貴方に取って幸福とは何ですか?

世界的に見れば日本人は随分恵まれています。 

犠牲があるから幸福があるって確かにそうかもしれません。
でも私は「何かをした結果」だと思います。
何もしなければ結果なんて出ません。

自分が取った行動によって結果はいくらでも変わります。 行動が努力なのか我慢なのか分かりませんが、それを犠牲とは思いたくないです。

自分の事だけで言えば私の幸福は目標の達成です。それを目指す自分の行動は勉強であり努力です。 犠牲だと思っていたら続けていられませんよw

綺麗事かもしれませんが自分はそう思っています。

乱文・長文失礼しました。


タカヤ 2008/08/05(Tue)10:23:51 編集
タカヤさんへ
初めまして。

私にとっての「幸福」は
人と関わって居れること。です。

いろんな人が私に関わってくれていることで
自分の存在が在るように思います。

リアルな生活の中で関わってくれる人たち
こうやってブログで関わってくれる人たち・・・
タカヤさんもですよ^^

そんな人たちが居てくれることに
とっても感謝してます。

綺麗事ではないと思います。

ご意見ありがとうございました。
【2008/08/05 11:16】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[10/17 so4ray]
[09/21 わびすけ]
[09/19 矢乃京子]
[09/19 矢乃京子]
[09/19 y-u]
プロフィール
HN:
空永えいな
年齢:
28
性別:
女性
誕生日:
1990/09/27
職業:
不登校短大生
趣味:
読書,映画鑑賞,お買い物
自己紹介:
砂糖症候群。

ちょっと歪んだ平和主義者。

大好きな人がいます。
大切な人が
たくさんいます。

みんなが幸せに、
笑っていられますように。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター


photo by RainDrop
忍者ブログ [PR]